平物(カレイや平目)横着なおろし方
平物を卸すのは結構難しいようですが、要領さえつかんでしまえば結構簡単です。
まな板の上にでも新聞紙を束ごとおきます。
普通のキッチン包丁を使います。

頭を落としてからは、ぺティナイフなんかも
卸しやすいです。
うろこを落としましょう。
今回はちっさい平目ですが、カレイもおんなじです。
包丁についた鱗やヌメリは、そのまま新聞にぬぐって
しまいましょう。軽く横着です(^-^;
ひれの下に包丁を斜めに入れます。
背骨までいきましょう
魚を裏返して反対側も切ります。
このとき内臓を傷つけないように切ると楽です。
内臓を切らないとそのまま抜けてきちゃいます。
(^-^)
(* ´∀`) ノ
中に血合いがあります。
これを流水をかけながら、指でしごきとります。
(`_´)
カレイを想定して、そのまま包んで捨てちゃいましょう

平目の場合はアラも肝も美味しいですからね
さあ、新たな新聞紙に洗った魚を置きます。
まず背骨にそって切れ目を入れ
次いでエンガワをやっつけます。

エンガワは写真は分かりづらいですが
包丁は右上を向いています。
下から上に向かって包丁を入れます。
反対側も魚を反対にして同じようにやります。
真ん中から「なぞるように」何回も包丁を入れます。

コツは背骨にあたっているのを感じつつ
力を入れない事です。

背骨を感じないと身を多く残してしまい
力が入ると骨を貫通します(;´Д`)
4半身取れました。
さあこの調子で後三枚!
魚を反対にし、もう半分・・・
裏返してエンガワをやっつけてから
もういっちょ。
もう半分もやっつけて、5枚卸になりました。

骨は片栗粉をつけて、二度揚げすると
パリパリになって美味しい骨せんべいになりますよ。

残りのゴミは新聞に包んで捨てちゃいましょう。
骨が付いている身が2枚でます。
斜めに包丁を入れて取り外します。
さあ、刺身用に皮を引きます。
詠んで字のごとく、皮を引っ張りましょう。
エンガワを綺麗に残す場合は、先に分けてしまいます。
横着しない場合はこの方がいいでしょう。
エンガワもこんな感じで皮を引きます。
完せーい!(・∀・)
後片付けを先にしちゃいます。横着ですね。
ざっくばらんに切り付けました。

薄造りも見た目は宜しいですが、この様にちょっと
厚めに切ったほうが、コリコリ感を味わえます。

(゚д゚)ウマー! です。